山の話

ドライブ中の出来事なので、短い時間しか認識できなかっ…できなくていいと思った話をするね。

恐らくシモ関係なんだろうが、と先に結論を書いておくね。某県山中に、木でできた、簡素な電話ボックスのようなものが並んでいてね。そこに「体感ボックス」と書かれてたのを見かけたんだわ。慌てて振り返ったら別の面に「オトコの××(一瞬だから読めなかった)」と書いてあってね。これでシモ関係だと断定したんだわ。
素直にこわいこわい。

山中といえばね。地元のレストランのシンボルが、遥々離れた某県で廃棄されてるのも見かけたことがあったよね。そのレストランは潰れたわけじゃなくて…なにがあって象徴を廃棄してしまったのかは、ただの客である自分には分からん。

幽霊はさほど信じていないが、きょうだい揃って零(ゲーム)信者だからね。夜中の峠ドライブはテンションがブチ上がるよ。

そういえば初代スプラトゥーンを買った帰りだなぁ。山中ドライブを挟んで帰宅したら、その日はwiiの感度が狂ってまともに遊べなくてね。せっかくの新作ゲームが!何か悪いものを連れて帰ってきちゃったのかもねーときょうだいは言っていたよ。その日以降、同じ現象は起きてないので、やっぱり何か連れて帰ってきたんだろう…と考えた方がロマンがあるね。

連れて帰ってきたヤツがどうなったかは考えたくはないね。
ところでなんの話をしてたっけ?