ハードルの上げ下げ

物を書くというワンアクション。
物を見るというワンアクション。
意外とハードルが高い。

140字以内のTwitterは書くのが楽。
そこに「文責」みたいなのを感じていないからハードルを勝手に低く見積もっているんだと思う。

ハッシュタグ付けたら今度は極端に言いにくくなる。
そのタグの関係者が覗くのがわかってるので。
貴方に見られることを前提でこれを書いていますよ、と自ら主張していくのはしんどい。

逆に自分が情報収集する時は「ハッシュタグ付けてくれ…!」と切に願ったりするので、人間というのはかくも自分勝手か(主語の大きいセリフ)

この記事もさして責任感を感じていない雑文なので気が楽。
noteのアカウント取ったら「ちゃんと書かなきゃ…!」感が強い場所だったので、雑に意見をかける場所(=ここ)があるのは楽い。
鍵かけたりリアル日記に書けばいいじゃんと思わなくもないが「もったいない精神」が働いきもののためネットの海に放流する。

脳に留まらせておくよりは、ハードル下げていこう。