ハーフ&ハーフで贅沢二倍の話

ちょうど昨日ピザを食べたばかりなのでホットなお題。

買い物に行くのも億劫な独り暮らしに宅配ピザはとてもありがたい。
炭水化物と肉とシーフードが一気に取れる。
なによりピザは美味い。偉大だ。

値がはるのがネックかもしれないが、大体1回で食べきれないので(ひとりで食べるので)冷静に考えれば2食分の値段である。
外食orコンビニ飯と比較してもそう変わる値段ではない。

独り暮らしに優しいごはん!

何より海鮮が気軽に摂取できるのはありがたい。
(コンビニのエピグラタンにエビがどれくらい入っているかを考えよう!)
宅配ピザ、出不精の自分に代わって来てくれて、ほんと、いつも配達ありがとうございますです。

#ピザが食べたい

ピザハット×はてなブログ特別お題キャンペーン
Sponsored by Pizza Hut

アドベント

龍騎ネタではなくて(伝わるか…?)アドベントカレンダーの話。

割といろんな創作サービスをつまみ食いする身分として、「今日これ更新したー!」ってまとめるのにwebアドベントカレンダーが一番近いのではないか?と思い至った。
というか実際便利だった。

難点が12月しかないこと(アドベントカレンダーだしね…)

同種のサービスか、自分でつくるか。
Googleカレンダーとかでも代用できるのか?
悩みは尽きない…

自己紹介サイト

wixで自己紹介サイトを作成しました

wixを使ってみたかっただけとか、そ、そんなことは…
名刺に載せるURLがこのブログだと心もとないなと思って慌てて作成しました。

肩書きなんて書いたらいいのか判断つかなかったので「webで小説を発表してます」というざっくりな表記に…『日曜画家』のようにカッコイイ呼び方は小説家にはないのか。
『趣味小説書き』『アマチュア小説家』等は思い至りますが、今の所は「小説を書いてます」くらいの表記が自分にはあっているのかもしれない。

サイトの話に戻る。
今回のはjimdoとどっちが使いやすいかなという検証も兼ねました。いろんなサービス使うの好きね。
結論はどっちもどっちでした。
wixの方が自由度高そうな印象ですがいかんせん読み込みに時間がかかる。

モルグ市の紹介部分は、おなじみの先輩の絵がとても映えるので、やっぱり絵は大事!!!!とド実感しています。メイン2人の顔が良すぎるので一生使い倒す。

ここで残念な報告がひとつ。
早起きの習慣が途切れました(☆がんばれ――)

会話劇いかんせん

「せっかくの骨董品が、好奇心と狂気によって損なわれてしまうとは」

チャットストーリー「貘厄庫のお店番」

現在11話まで公開中の作品です。
二兎路チカゲという男を主人公にして、骨董店に来るお客さんに『曰く付き』の商品を紹介していく会話劇。

この手の『不思議な店』系の話は、お客さん側に事情があり、買ったものによって解決or破滅に向かう流れですが、貘厄庫は商品紹介だけで終わるパターンが多い。
よって名ありで登場する客はあまり酷い目にあわないので、お話を読むことで精神を消耗したくないという方にもオススメです。
死ネタ妊娠ネタというようなホラー的な要素はあるのでご注意ください。

カバー絵は自分で描いてるけれどいつか絵の上手い人に頼むのを目標にしてます…

チャットストーリーは大変コスパのよいお話発散方法、なんせインポート機能(PCからのみ)が神なので楽&楽。
いつか実装してほしいのが自動文字送り機能…そうしたらご飯食べながらでも読める…

この形式は台本小説感あって、あの頃(とおいむかし)に想いを馳せながら書いてます。
LINE風小説に抵抗がなければぜひ。書くのも読むのも。

ハードルの上げ下げ

物を書くというワンアクション。
物を見るというワンアクション。
意外とハードルが高い。

140字以内のTwitterは書くのが楽。
そこに「文責」みたいなのを感じていないからハードルを勝手に低く見積もっているんだと思う。

ハッシュタグ付けたら今度は極端に言いにくくなる。
そのタグの関係者が覗くのがわかってるので。
貴方に見られることを前提でこれを書いていますよ、と自ら主張していくのはしんどい。

逆に自分が情報収集する時は「ハッシュタグ付けてくれ…!」と切に願ったりするので、人間というのはかくも自分勝手か(主語の大きいセリフ)

この記事もさして責任感を感じていない雑文なので気が楽。
noteのアカウント取ったら「ちゃんと書かなきゃ…!」感が強い場所だったので、雑に意見をかける場所(=ここ)があるのは楽い。
鍵かけたりリアル日記に書けばいいじゃんと思わなくもないが「もったいない精神」が働いきもののためネットの海に放流する。

脳に留まらせておくよりは、ハードル下げていこう。

早起き報告しかしてない

(参加者の皆様へ)「参戦記」をnoteに集約します | NovelJam
http://www.noveljam.org/2018/10/8019/

↑とのことなので、今後はnoteで書いていくつもりです。
(きっと将来居るかもしれない、NovelJamの検索でたどり着いた方に告ぐ)

noteアカウントは取ったけれど、怖じ気ついてまだ何も書けてない。
書いたらこのブログでも報告はするつもりです。
自分のHOMEをまだ定めきれていない感はある…

この土日は実家にノートパソコンを回収しに行ったり髪を切ったりしました。
あとやるべきことはいろいろあるけれど
着ていく服がないのはどうにかすべきだと思う。
東京ゲームショウ限定販売のカービィのトレーナーがあるのでそれは着ると思います。

即興は引き出しの中身が問われる

即興小説トレーニングに書いていた分をカクヨムにまとめました。
SS集更新するのは●年ぶり…

レーニングは5日間分です。
「お題難しすぎない!?」とテンパったあの時を思い出します。

書く時に制約を自分で設定
・普段使わない熟語を組み込む
・バッドエンド描写を頑張る
というわけで更新分5本中4本がバッドエンドです。
15分で書く!という内容なので完全に1シーン切り抜き。

メジャーというよりコンベックスが正しい
お題「メジャーな昼」
教室にいる学生2人のやりとり。これだけほのぼの。
タイトルはセルフツッコミ。

残念ながらロストです
お題:「苦いコウモリ」
即トレのお題が徐々に牙を剥く回。
TRPGでのLOSTをイメージしたシーンです。
あくまでイメージなので、実際に描写する時はテキストセッションでもここまでくどくは書かない…実際に描写するなら赤文字短文連打ですね…

終了処理実行、爆破処分
お題:「わたしの嫌いな爆発」
恐らく「癇癪持ち」について書くのがベストだと思ったのですが、そのまま爆発で押し切りました。ハイパーカジュアルSF。

かちかち無駄死に
お題:「騙されたババァ」
かちかち山の話です。
ババァて言葉はあまり進んで使いたくないワードなので、使っても違和感のない題材をお借りしました。

先に冷やしておきましょう
お題:「早い液体」
CoCでいう不思議空間からの脱出シナリオみたいな…
これもLOSTパターンです。
個人的にはダイス目でLOSTは平気ですが推理失敗でLOSTが心にきます。
あの日の探索者よすまない、自分の頭脳がたりないばかりに…

「お題むっず!?」てキャッキャしてる時が一番楽しいのかもしれません。
お題出てから15分なので悩めば悩むだけ首をしめる。