炎節ははじまったばかりだ

「ご、ごめんって、ずっと黙っててさ。でもあの子は、悪霊とか、そんなんじゃないから! そんなんじゃないんだからね!?」

「モルグ市魔神博物館」更新
怪物の面影【3】つかずはなれず難しく
http://ncode.syosetu.com/n0291ep/

付かず離れず、だったり、憑かずは慣れず、だったりします。

あっというまに現実時間の夏が終わってしまう…!!

5代目

新しいキーボードをようやく使う機会がきました。
作業デスクがせまく、かつ液タブもあるため
・無線
・小さめのキーボード
・テンキーが無い
・スペースキーがそこそこ大きい
・エンターキーの右にINSERT等が"隣接"していない
上記の条件を満たすキーボードを店舗で探していたのだけれどなかなか見つからず。
結局アマゾン様頼りです。
今回はエレコムさんのキーボード。

エレコム ワイヤレスミニキーボード【本格静音設計】メンブレン式 ブラック TK-FDM091STBK ELECOM(エレコム)
https://www.amazon.co.jp/dp/B076F3Y84Y/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_GzMPBbCK0MSXE

やはりメンブレン式が自分にあっているなぁと実感……

前回のもエレコムさんのキーボードだったのですが
左下Ctrlキーが押しっぱなしになる個性を持つキーボードだったので
タイプミスやら操作ミスもろもろを招き泣く泣くサブキーボードに降格。
あと、どうもキーボード自体に厚みがあるものはあまり自分の手首に負担が大きかった。
実は前のキーボードのキー配列の方が好きだから、もう少し薄くて…薄くて…薄かったら良かったのに…あとCtrlキーが押しっぱなしにならなければ最高だった…

人生妥協が大事。

さてあまりまくったキーボードどうしよっかな。
過去にやらかしたもののメモ
・有線キーボードを買ってしまう
・エンターキー右にボタンが隣接しているものを買ってしまう
・テンキー等のボタンフル装備(横にでかい!!)

秋が畳み掛けてくる

ふつうに風邪をひいてしまった。
朝起きたら喉がイガイガする。
冷房付けっぱなしで寝ていないのに…ということは体が弱体化している証ではないだろうか。
恐ろしい。

そして久しぶりに頭痛!
頭痛の痛みは定期的にツイッターで呟くけれど
今回のもやはり顔面右側。
目の奥から耳の奥、あと右側の歯。
よく注意すると後頭部も痛い。
首と頭の接続部。
頭の中身がヒリヒリしている感じ。

早く薬効いて欲しい。

インプット期間

ピタリとアウトプットが止まってしまった。
最近残業がやや増えていることと、
三連休で「アニメ見ながらゲーム」をやったら
脳がそちらに切り替わってしまった模様。

ちょうど今日が金曜日なので
意図的にスイッチを切り替えていきたい…

これだけじゃただの決意表明なので別の話題。
マックの月見バーガーがあまりにも美味しい。
普段マック通わない自分が週2くらいで通ってしまっている。
食欲の秋ですね。

(追記)
まだ木曜日だった。感覚が狂っている…!

脳のリソース

ちょっと帰宅が遅くなる案件が続いて
執筆活動やその他が完全にストップ。
甘いものを食べてなんとか脳をもたせている状態…

と精神疲弊状態だったけれど
かるく落書きをしたら
驚くほど脳が「快」を感じたのが分かって
人間ってよくできてるなぁと関心したり。
お絵かきは楽しいなぁ。

嬉しくなったので新しいキーボードをポチった
(支離滅裂な思考と言動)

ヒロインはログアウト中

「わたくし、侮辱を受けて怒ったのです。なーにが恒久的な平和宣言じゃいお前の手先がその平和を覆すんじゃ! ……という抵抗の気持ちですわ。まずは形から入れというのが、これ皮の王の本分」

魔王の御使い
2-5 チップ・チューンは魔王かぶれ
https://ncode.syosetu.com/n4597ez/15/

そんなつもりがなかったのにキャラが濃くなる店主。
金物屋 ニッグ
菓子屋 チップ・チューン
3話ではどんなお店が出るだろう。
おおまかな流れのプロットしかないので、
登場人物とかは完全にライブ感重視です。

ちなみに魔王の御使いの世界では
姓・名前 という日本式のネーミングです。
ロウェルク・シエイは
ロウェルクが姓でシエイが名前です。

村が舞台なので、みんな基本は下の名前で呼びます。

父母にもいい知らせができた

お題「今日の出来事」

病院に検査にいったけれど特に心配ないそうです。
よかった!
前の病院だと「いずれ手術の必要が」とのことでしたが
特にそんなこたぁなかった、セカンドオピニオン万歳。

それはさておき、お医者さんが
「何事も絶対とはいいきれない」「万が一というのはありますが…」
というようなことを何回も言っていて、
こちらが「絶対に何もないと言ったじゃないか!」と将来的に言うことがないよう(=訴えたりしないよう)
予防線をはっているのが印象的でした。
お医者さんも大変なんだな…。